RIEHATAの振り付けがヤバい!平野紫耀との匂わせダンスも話題に

世界的ダンサーのRIEHATAさんの振り付けが、めちゃくちゃかっこよくてヤバいです。

世界から一気に注目を集めたというのも納得のダンス!

レディガガのバックダンサーを務めた経験をもち、King and Prince・BTS・TWICEなどの楽曲の振り付けを担当しています。

RIEHATAさんの振り付けに注目すると共に、キンプリの平野紫耀との匂わせダンスも話題になり、ご紹介していきます!

【関連記事】岸優太は今後どうする?英語力なく海外進出無理そう⬇︎⬇︎⬇︎

目次

RIEHATAの振り付けの何がヤバい?

RIEHATAの振り付けの何がヤバいって、まずは振り付けをしたアーティストから

ヤバい

って言われるほど‥

ダンステクニックが高度だと言われています。

RIEHATAさんは、King and Princeの”ichiban”という楽曲の振り付けを担当。

このダンスの振り付けは、ヒップホップやラテンのステップの要素があるそうです。

https://twitter.com/hoshigamitai_yo/status/1595055985240211456

それがRIEHATAさんの振り付けになると、重心がブレない振り付けが、セクシーなアフリカンステップにも見えて、上手いと絶賛されてます。

また、RIEHATAさんの手にかかると、歌詞の内容を全身でメッセージとして体現されいて、とってもかっこいいしヤバい!

RIEHATAが振り付けた曲は?

目次